「社畜」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「社畜」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「社畜」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 社畜
  2. 社畜の意味とは
  3. 社畜を使った文章・例文

社畜

社畜(しゃちく)」という言葉の意味について解説します。

ブラック企業で働いている人のことを「社畜」とか言って、話題になった言葉でもありますが、社畜の漢字自体もあまり良い意味ではないと読み取れます。度々は耳にしたくないですね。

この「社畜」という言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。

社畜の意味とは

社畜とは「主に日本で、会社の言いなりになって、辛い仕事でも文句も愚痴も言わないで真面目に働いている会社員のことを揶揄したもの」という意味になります。
読み方は「しゃちく」です。

「会社」+「家畜」の造語になります。

飼い慣らされてしまった家畜と同じであっては、自分の意志や思考も無くした状態に置かれていても、それさえも正常に判断出来ない程に精神的に追い詰められていることとなります。

「会社人間」や「企業戦士」という表現は、その人が自らの意志で会社の為に仕事をしてるのであり、「社畜」とは働いてることやその人を愚弄してるという表現になります。

社畜というと正社員だけかと思っていましたが、パート・バイトも含まれるのですから、ブラック企業の実態はどこまで蔓延しているのかと考えさせられます。

プロ社畜とは月の残業時間が80時間を超える社員のことです。
ここまでの激務をしてれば、精神的ダメージも大きく、過労死にも直結しそうです。

<英語>
「workaholic」「slave」


 

社畜を使った文章・例文

<例文>

  1. 彼の仕事の仕方は、プロ社畜のようだった。
  2. ブラック企業で、社畜のように働かされた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ