「準じる」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「準じる」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「準じる」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 準じる
  2. 準じるとは
  3. 準じるの使い方・例文

準じる

準じる(じゅんじる)」という言葉をよく聞くと思います。規定や法律用語にもよく用いられ、ちょっと堅苦しい印象がありますよね。
「准じる」「殉じる」「順じる」など似ている言葉や間違えやすい漢字があり、勘違いして使っている人も多いかもしれません。
今回は、「準じる」という言葉の意味と類語、使い方などを例文を通してご紹介します。

準じるとは

準じるは準ずるともいい、「何かの基準や根拠にのっとる、従うまたは「正規なものになぞらえる」などという意味があります。

同じ意味で「准じる」とも書きます。ただし、よく間違われる「順じる」はこの意味では使われない漢字ですので注意しましょう。
この言葉がどのように使われているか例を挙げて解説してみます。
例えば、「この製品は○○規格に準ずる」とあると、この製品は○○規格に従う検査にてチェックされたもので、それと同じ水準の品質が保障された製品である、ということを示しています。また、企業などの規則で非正規雇用者などの待遇を示すとき「正規雇用者に準ずる」とあるならば、正規雇用者と同様の待遇が与えられるという意味になります。法律用語のなかでも特に出でくる言葉で「~に準じたもの」や「これは~に準じる」というような形で使われます。

準じるの類語

準じるの類語には

  • 従う
  • 則る
  • 準拠
  • 倣う
  • 随う
などの言葉があります。

準じるの使い方・例文

1.王に準ずる待遇がなされる。
2.今度の就任記念パーティーは正装に準じる服装で参加してください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ