「誇張」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「誇張」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「誇張」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 誇張
  2. 誇張とは
  3. 誇張の使い方・例文

誇張

誇張(こちょう)」という言葉を聞いたことがありますか。よく「誇張表現されている」などと言ったりしますが、意味の理解が何となくあいまいで、実際には使いこなせていないという人も多いのではないでしょうか。今回は誇張の意味や英語での表現、使い方などを例文を通してお伝えしますので、この機会にしっかり覚えて日常会話でも使いこなしましょう。

誇張とは

まず、誇張は「こちょう」と読みます。誇張は「実際よりも大きく見せる様子」「事実よりも大袈裟に表現する様子」「何かを通常より目立たせる様子」などを意味します。

よく報道などで、視聴者や購買者の興味を引き付けるために大げさな表現や言い回し、例えを使って事実よりも何倍も膨らませて伝えるようなことが起こっていますよね。情報を受け取る側はその誇張表現されたものを真に受けてしまうことも多いため、事実とは異なったことが広まってしまう原因にもなります。最近では誇張することを「話を盛る」と言ったりします。誰でも他人の関心を引くために誇張してしまうことはあるかと思いますが、聞いている人に大げさだと呆れられないよう、気を付けたいですね。

誇張の英語

誇張を英語で表現すると、「exaggeration」「aggrevation」「oberstateme」などがあります。

誇張の対義語

誇張自体には対義語はありませんが、誇張の意味の一つである「大袈裟」の対義語に

  • 控えめ
という言葉があります。

誇張の使い方・例文

  1. 過度に誇張された広告に対し、購入者からの苦情が後を絶たない。
  2. 君はいつも話を誇張するくせがある。
  3. 誇張なしに言っても、この作品は今年一番の出来栄えである。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ