「クレーム」とは?意味や使い方を解説!

「クレーム」という言葉を聞いたことはありますか。覚えておくと便利な言葉です。この記事では「クレーム」の意味や使い方について解説していきます。

目次

  1. クレーム
  2. クレームとは
  3. クレームの使い方・例文

クレーム

クレーム」という言葉は、既に日本語のように定着しつつある言葉ですよね。クーレーㇺをつける人をクレーマーなどと呼んだりしています。

今回はクレームの意味やもととなった英単語について、また使い方についても例文を用いてお伝えします。

クレームとは

クレームとは、そもそも英語のclaimから来ています。claimとは、「(当然のこととして堂々と)主張する、請求/要請する、申し出る、要求によって何かを得る」などの意味があります。

日本語としてよく使われているクレームとは、「苦情を言うこと」という意味ですよね。もともとの英語の意味である、当然のことを主張するということとは少し異なり、ネガティブな使い方をされています。苦情ばかり言う迷惑な客や利用者などを、claimに≪~する人»という意味を持つ~erを後ろにつけて、【claimer:クレーマー】と呼んだりします。
企業や商店では客のクレームは大きな課題ですよね。中には店側に落ち度がなくても過剰に文句をつけて謝罪を強要したり代金を踏み倒したりする、悪質なクレーマーもいて社会問題化しています。

クレームの使い方・例文

  1. 店のスタッフの教育が行き届いておらず、それがクレームの多さにつながっている。
  2. 私の仕事はコールセンターで通信販売に対する客のクレーㇺに電話で対応することです。
  3. クレームの数を減らすためには何ができるのか、スタッフ間で話し合った。
  4. あの人はいつも小さなことでいちいちクレームをつける迷惑な客だと職員の中で評判だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ