「許容範囲」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「許容範囲」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「許容範囲」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 許容範囲
  2. 許容範囲とは
  3. 許容範囲の使い方・例文

許容範囲

許容範囲(きょようはんい)」という言葉の意味について解説します。

よく「これぐらいなら許容範囲内だろう」といったフレーズで、許容範囲という言葉が使われることがありますね。文字だけ見ても、一体何の範囲なんだろうと思ってしまいますね。

皆様はこの言葉の意味をご存知でしょうか?
もしご存知でなければ、ぜひこの機会に意味を知ってみましょう。

許容範囲とは

許容範囲の意味は「許容できる範囲にあること」「許すことのできる水準」となります。

許容という言葉の意味は「そこまでは認める」という意味で、簡単に言うと大目に見るということです。つまり、許容範囲というのは「大目に見ることのできる範囲」という意味になるわけです。日常生活でよく使われる許容範囲内というのは、「大目に見れる範囲内ですよ」ということですね。これが許容範囲"外"になると「大目に見れる範囲を超えた」となり、許すことはできないという意味になります。

物事の基準範囲という形で使われるよりも、その人がどこまで許せるのかという人間の指標として使われることが多い言葉です。

許容範囲の英語

許容範囲の英語は辞書によって様々で、主な英訳は「a permissible range」、我慢などの意味を持つ「tolerance」、思想や行動の自由範囲である「latitude」などが挙げられます。

許容範囲の類語

  • 限度内
  • 許す範囲

許容範囲の使い方・例文

  1. 門限を少し過ぎる程度なら許容範囲だが、1時間も遅れたら許すことはできない。
  2. 彼は許容範囲が狭いので、人付き合いが大変そうだと思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ