「ハピバ」とは?意味や使い方を解説!

ネット上で使われる「ハピバ」という言葉があります。若者によく使われる言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ハピバ」について解説していきます。

目次

  1. ハピバ
  2. ハピバとは
  3. ハピバの使い方・例文

ハピバ

ハピバ」という言葉をご存知でしょうか?若者たちの間で、おめでたい場面で使われている言葉です。

この記事ではその「ハピバ」について、似た意味の言葉を含めて詳しく解説していきます。
意味を知らなかった人はこの機会にぜひ覚えていってくださいね!

ハピバとは

「ハピバ」とは「お誕生日おめでとう」という意味の言葉です。
勘のいい人はお気づきかもしれませんが、「ハピバ」は「ハッピーバースデー」を略した言葉なのです。

若者の間では言葉を略す文化があり、たとえば「おこ」は「怒っている」の略、「ドヤる」は「ドヤ顔をする」の略です。
それらと同じように、ハッピーバースデーも「ハピバ」と略され使用されています。

ハッピーバースデーを短く表す言葉には「ハピバ」のほかにも「HBD」があります。
これは「Happy Birth Day」の頭をとって「HBD」となりました。
「ハピバ」は「ースデー」からきた言葉なのに対して、「HBD」は「Happy Birth Day」からきている言葉のため、略し方がやや異なっていますね。
「HBD」は「ハピバ」をイメージすると「HPB」と間違えやすくなるので、注意が必要です。
「ハピバ」も「HBD」も、ツイッターなど文字数に制限のあるツールで使用されることが多い若者言葉です。

ハピバの使い方・例文

  1. 友達の19歳ハピバパーティーを企画している。
  2. ハピバ!この1年もいい年になりますように!パーティーを企画したから楽しんでね!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ