「希望」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「希望」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「希望」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 希望
  2. 希望とは
  3. 希望の使い方・例文

希望

希望(きぼう)」という言葉は知っている人も多いと思います。日常的にもよく使われ、人や物の名前としても使用されていますよね。

この記事ではそんな「希望」について、その意味や類語に対義語、英語で表すとどうなるかなどを改めて解説していきます。
 

希望とは

まず「希望」の意味ですが、これは「望ましいものを獲得しようとする期待を伴った欲求」「その獲得自体のこと」です。他にも「将来に対する明るい見通し」という意味も持っています。
「○○を希望します」といった場合は「○○が欲しいです」というように言い換えることが可能です。

キリスト教では、信仰、愛と並んで三対神徳なので、特別な意味を持つことがわかります。
「希望」という言葉にポジティブな印象があるのも、そのような点が要因なのかもしれないですね。

人名で「希望」と書く場合、「のぞみ」「のぞむ」の他にも「ひかり」「みらい」「ゆめ」といった読まれることがあります。どれも前向きで明るい意味合いとして使われていることがわかりますね。

希望の英語

「希望」を英語で表すと「hope」となります。カタカナで「ホープ」と使われる場面も多くありますよね。

希望の類語


「希望」の類語は

  • 願望
  • 望み
などが挙げられます。

希望の対義語

希望の対義語は

  • 失望
  • 絶望
などが挙げられます。

希望の使い方・例文

「希望」を使った例文は以下のとおりです。

  1. 希望通りの仕事に就くことができ、母は私以上に喜んでくれた。
  2. どれだけ大変なことがあっても、将来への希望を忘れずに生きていきたい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ