「クリスマス寒波」とは?意味や使い方を解説!

「クリスマス寒波」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思います。一体どのようなときに使う言葉なのでしょうか。この記事では「クリスマス寒波」という言葉の意味や使い方、例文について解説します。

目次

  1. クリスマス寒波
  2. クリスマス寒波の意味とは
  3. クリスマス寒波を使った文章・例文

クリスマス寒波

 

クリスマス寒波」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

しかし、皆さんは「クリスマス寒波」という言葉の意味を正確に知っていますか。
今回は「
クリスマス寒波」について解説していきます。

クリスマス寒波の意味とは

クリスマス寒波という言葉の意味は、「年末頃の時期に、強い冬型の気圧配置となって大荒れの天気」「クリスマスに近づいた時期に、シベリア付近で発生した強い寒気が、日本列島の上空に降りかかり、大荒れ模様となる天気」となります。「年末低気圧」ともいいます。
読み方は「くりすますかんぱ」です。

いつ頃に見られるのかというと、クリスマス頃から年末にかけて発生することが多いようです。
年末頃には年末寒波、お正月頃には正月寒波というように、名前を変えながら発生しています。
冬型の気圧配置が長く続くのが特徴で、大雪、吹雪、暴風などによる大きな影響が心配されることもあります。

寒波や寒気の意味は?

寒波とは、規模が大きく、長く居座り影響が持続するものを指します。
寒気とは、とどまることはなく一過性のものとなります。

寒波と寒気の大きな違いとしては「滞在期間」が挙げられます。
寒気は1〜2日程度、寒波は3日以上(長い時だと7日以上)という差があります。

クリスマス寒波を使った文章・例文

<例文>

  1. クリスマス寒波から年末寒波、正月寒波と名前を変えながら、日本列島に寒波がやってくる。
  2. いつクリスマス寒波が来てもいいように、心の準備をしておくことが大切です。
  3. クリスマス寒波の影響で、水道管やガス管などが凍結してしまわないように注意する必要があります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ