「温泉」と「銭湯」の違いとは?それぞれ意味を解説!

「温泉」と「銭湯」の違いについて解説します。どちらも日本人が愛し大切にする場所です。しかし、違いは何なのか?と聞かれると簡単に説明できないものです。それぞれの意味をしっかりと理解し「温泉」と「銭湯」を使い分けられるようになりましょう。

目次

  1. 「温泉」と「銭湯」
  2. 「温泉」と「銭湯」の意味とは
  3. 「温泉」と「銭湯」の違い
  4. 「温泉」と「銭湯」を使った文章・例文

「温泉」と「銭湯」

「私は温泉によって健康を保つ分、銭湯はどうも効果がないように思えます。」このようにはっきりと区別させられると果たしてどのような違いが温泉と銭湯にはあるのだろうか?と自然な疑問が出てきます。

日本人に馴染みのある温泉と銭湯なので、どのような違いがあるのかも知っておきたいものです。

例文などを通して正確な違いを知っておきましょう。

「温泉」と「銭湯」の意味とは

「温泉」

温泉とは日本独自の法律でもある温泉法第二条によって定義されているもので、温泉とは
「自然に出るお湯やガスのこと」を表します。

このような法律で定められている点から分かる通り、温泉は自然によってできた浴場であると理解できます。

英語での表現では「spa」「hot spring」「onsen」と表現される用語です。

「銭湯」

銭湯とは、「人工で出来上がった公衆浴場」のことで、お湯を貸す代わりに賃金を取るといった場所を表します。

英語での表現は「bath house」「public bath」と表現できます。

「温泉」と「銭湯」の違い

では、どちらも公衆浴場ですが、温泉と銭湯にはどのような違いがあるのでしょうか?

先ほども説明したように温泉は自然に湧き出る湯やガスを意味します。

そして、銭湯は人工で出来上がった公衆浴場です。

一方で銭湯は人工で作り上げた公衆浴場ということで、決定的な違いは自然か人工かといった具合で理解できます。

しかし、温泉を定義する上で温泉法に定められた基準は細かいものです。

源泉の温度が25度以上であること、指定された特定成分19のうち1つでも規定値よりも上であるといったルールがあります。

どちらかに該当するなら温泉と呼べます。

特定成分には、重炭酸ソーダ、フッ素イオンなどがあります。

一方、銭湯は人工ではあるものの、ここ数年にスーパー銭湯のようにサウナなどの設備が整えられているものもあり、アクセスの良さから人気があります。

しかし、人工で出来上がった施設であることに変わりはありません。

「温泉」と「銭湯」を使った文章・例文

  1. 私は温泉よりもスーパー銭湯のほうが良い
  2. 温泉は本当に銭湯よりも体に良い
  3. 銭湯も温泉もどちらでも良いがサウナが私には絶対に必要なんです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ