「暴言」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「暴言」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「暴言」という言葉の意味や使い方についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 暴言
  2. 暴言の意味とは
  3. 暴言の使い方・例文

暴言

暴言(ぼうげん)」という言葉について解説します。

2017年に残念ながらなにかと注目される結果となったこの暴言という言葉ですが、普段でもニュースなどでたまに見かけることがあると思います。

どのような言葉が暴言にあたるのか、また暴言の類語は何かを踏まえた上で例文なども紹介していきますので、しっかりと意味を整理して把握してみましょう。

暴言の意味とは

暴言の意味は「他を傷つける失礼な言葉」「無礼で無茶な発言」となります。

主に、他人を傷つけることを目的として発せられる乱暴な言葉を指しています。

暴言には受け取る側によっては不快感を感じないもの(例・「ハゲ!」 スキンヘッドをファッションでしている場合には当てはまらない)もありますが、一般的には言葉を言った側に傷つけようとする意図があったかどうかが問題視されます。

暴言の類語

暴言の類語として失言、妄言、放言などがありますが、暴言との意味合いの違いと一緒に紹介します。

  • 失言「言うべきでないことを言ってしまう様子」
  • 妄言「むやみに、でまかせを言う様子」
  • 放言「周囲の将来を考慮せず、無責任なことを口走る様子」

暴言の類語を使う際の注意点

暴言との共通の意味は「言ってはならないことを言うこと」となりますが、暴言との違いは傷つけることを目的としているかしていないかということです。

例えば、失言の範疇と捉えられる発言でもそこに傷つける意図や悪意があればそれは暴言といえます。

また、傷つける意図なくうっかり失言してしまった人に対して、暴言を言ったとしてしまうと逆に相手を傷つけることになるので、使う場合はこの違いをしっかり認識する必要があります。

暴言の使い方・例文

  1. 政治家の立場を忘れ暴言を吐いて人を罵る
  2. 暴言ではなく失言だったが、結果的に相手を傷つけてしまった

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ