「ジェネレーションギャップ」とは?意味や使い方を解説!

「ジェネレーションギャップ」という言葉を聞いたことはありますか。覚えておくと便利な言葉です。この記事では「ジェネレーションギャップ」の意味や使い方について解説していきます。

目次

  1. ジェネレーションギャップ
  2. ジェネレーションギャップの意味とは
  3. ジェネレーションギャップの使い方・例文

ジェネレーションギャップ

ジェネレーションギャップ」という言葉について解説します。

昭和と平成のジェネレーションギャップが… など、テレビや雑誌、または日常会話で見聞きしたことが一度はある言葉だと思います。

どんな意味でどんな時に使われる言葉なのか、例文や使い方を通してしっかり理解してみましょう。

ジェネレーションギャップの意味とは

ジェネレーションギャップとは「世代の差やずれ」「世代間の断絶」という意味で使われる言葉です。

ほとんど日本語のように使われている言葉ではありますが、本来は英語のgeneration(世代) gap(食い違い)からきています。

単純に年齢差などを表す言葉ではなく、世代の違いからくる物の受け止め方、考え方、価値観、認識の違いを指す言葉になります。

<例>

  • 見ていたテレビ番組の違い
  • 先輩に対する姿勢、態度 など

ジェネレーションギャップの使い方・例文

  1. 子供頃やっていたゲームの種類にジェネレーションギャップを感じる
  2. 2000年代のアイドルを懐かしいと思うかどうかにジェネレーションギャップがある
  3. 仕事の取り組み方の姿勢はジェネレーションギャップだけの問題ではない

同じ年代、世代が集まる学生の方などは使う機会や、ジェネレーションギャップそのものを感じることは多くはないと思いますが、様々な年代が交わる社会生活を送ると使う機会、感じることが増えると思います。

単純な勘違いやコミュニケーションのずれをジェネレーションギャップとして片づけると痛い目にあうこともあるので注意するようにしましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ