「恩を仇で返す」とは?意味や使い方を解説!

「恩を仇で返す」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「恩を仇で返す」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 恩を仇で返す
  2. 恩を仇で返すとは
  3. 恩を仇で返すの使い方・例文

恩を仇で返す

この記事では「恩を仇で返す(おんをあだでかえす)」について解説させていただきます。

みなさんは恩を仇で返すということわざを聞いたことはありますか?ある程度認知度の高いことわざなので、一度は聞いたことがあるかと思います。しかし、その意味を正確に理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?

初めて聞いたという方や、いままで曖昧にしか意味を理解していなかった人は、この記事を参考に理解を深めていきましょう。

恩を仇で返すとは

まず、恩を仇で返すは「おんをあだでかえす」と読みます。
意味は「恩をくれた人に対して、恩で返すのではなく逆に害を与えること」となります。

恩をくれた人に対して恩で返すのが一般的な道理であると考えられている中、恩に報いることなく仇で返す人もいるという事から生まれた言葉となっています。

ただ、中には意図せずに相手の恩に対して仇で返してしまっているケースもあります。
自分の行動が恩を仇で返すになっていないか注意しましょう。

恩を仇で返すの類語

恩を仇で返すの類語としては
・恩知らず
・裏切者

四字熟語では
・忘恩負義
などが挙げられます。

恩を仇で返すの反対語

恩を仇で返すの反対語は
・報恩謝徳
・一宿一飯
などの四字熟語が挙げられます。
 

恩を仇で返すの使い方・例文

恩を仇で返すの例文についてご紹介させていただきます。

1.恩を仇で返すような人間にはなっては、いけないというのが父の口癖だった。
2.恩を仇で返すという事はいつかその報いが巡ってくるだろう。
3.友人に貸した教科書に落書きがあった。恩を仇で返された気分だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ