「造形美」の意味とは?意味や使い方を解説!

「造形美」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「造形美」について解説します。

目次

  1. 造形美
  2. 造形美の意味とは
  3. 造形美を使った文章・例

造形美

造形美」という言葉について解説します。

「何万年という時間が作り出す風景の造形美」「昔の車の方が造形美を感じる」といった使い方をするこの言葉。

みなさんは見聞きしたことはあるでしょうか。

日常の会話の中で使うことは少ないかもしれませんが、何かの記事など文章の中で目にすることは度々あるかもしれません。

意味もなんとなく漢字から想像ができそうですが、ここで一度きちんとした意味を押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「造形美」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

造形美の意味とは

>

造形美とは「創出された形の見事さ、美しさを意味する語」という意味の言葉となっています。

造形:ある観念からある形を作り出すこと。

美:美しいこと、またその様子。

この二つを組み合わせた言葉が造形美ですので、作り出された形の美しさ。という意味になります。

作り出された。とありますが、作り出すのは何も人間だけではありません。自然現象であったり、年月だったり、自然のものに対しても使われます。

何かが作り出した形、形状の美しさに対して幅広く使われています。

造形美を使った文章・例

  • 長年の雨風にさらされて今の色、形になった建物の造形美を堪能する。
  • あの会社の車は、機能的な面もさることながら、まず目を引くのはその造形美である。
  • 僕もその昔は割れたガラスの欠片にも造形美を感じるほどの感性を持っていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ