「しゃしゃる」とは?意味や使い方を解説!

「しゃしゃる」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「しゃしゃる」について解説します。

目次

  1. しゃしゃる
  2. しゃしゃるの意味とは
  3. しゃしゃるを使った文章・例文

しゃしゃる

皆さんは、「しゃしゃる」という言葉をご存知でしょうか。
「しゃしゃり出る」という言葉を見聞きしたことはあっても、「しゃしゃる」は知らないという方も少なくないと思います。

この記事では、「しゃしゃる」の意味を解説させていただきます。

しゃしゃるの意味とは

「しゃしゃる」とは、「出るべきではない場面に意見をするなど、出過ぎる様子」「無関係な場面で手を出すなど、厚かましい様子」という意味です。「しゃしゃり出る」の略語なので、しゃしゃり出ると全く同じ意味を持ちます。「出しゃばる」という言葉で表されることもあります。
しゃしゃり出るとは、望まれていない人物やその場に相応しくない、必要のない人物が意見するなどの行為が挙げられます。「出過ぎる」と表することもあります。また、そういった余計なことばかりする人や厚かましい様子を嘲る言葉として「しゃしゃる」や「しゃしゃり」という言葉を使うこともあります。
しゃしゃるは昭和頃から使われた言葉だとされており、現代でも使われている言葉です。若い人の間では特に、「調子に乗る」や「鬱陶しい」という意味で使われています。
しゃしゃるは方言だと思われがちな言葉ですが、特に決まった地域で使われている言葉ではなく、日本各地で使われている言葉です。

>

しゃしゃるを使った文章・例文

ここで、「しゃしゃる」を使った例文をご紹介します。

1.あの子は関係無い話にまでしゃしゃるから嫌いだ。
2.この件は部署内の話だから、部外者がしゃしゃるのはやめろ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ