「最盛期」の意味とは?意味や使い方を解説!

「最盛期」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「最盛期」について解説します。

目次

  1. 最盛期
  2. 最盛期の意味とは
  3. 最盛期を使った文章・例

最盛期

最盛期」という言葉について解説します。

みなさんも一度はこの言葉を見聞きしたことがあると思います。

日常の中でも度々目にする身近な言葉とも言えますが、みなさんはこの言葉のきちんとした意味をご存知でしょうか。

漢字から意味は想像つくので、なんとなく把握しているという方もいらっしゃるかもしれません。

ここではそんな「最盛期」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

最盛期の意味とは

>

最盛期とは

  1. 勢いが最盛の時期。全盛期。
  2. 果物・野菜などの出さかりの時期。
といった意味を持つ言葉となっています。

1の意味では「インカ帝国の最盛期」「浮世絵の最盛期」といった使い方をしますし、2の意味では「ブドウの最盛期」といった使い方をします。

2の意味については、人間が作るものに対して使うので、肉や魚などの生き物に対しては使わないので注意しましょう。

勢いのある時期という意味において、ほぼ同じ意味を持つ「最盛期」と「全盛期」ですが、ニュアンスの違いで使い分けられています。

全盛期がその人や物の良かったある程度長い期間を指して使われることに対して、最盛期は本当に最高に勢いのある一瞬、ごく短期間に対して使われます。

全盛期の中でも最も良かった時期を「最盛期」と呼ぶ。と覚えてもよいかもしれません。

最盛期を使った文章・例

  • 江戸文化の最盛期はやはり吉宗公の善政があってこそだったかもしれない。
  • リンゴの最盛期になると、どこの農家もアルバイトを雇って収穫する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ