「堅調」の意味とは?意味や使い方を解説!

「堅調」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「堅調」について解説します。

目次

  1. 堅調
  2. 堅調の意味とは
  3. 堅調を使った文章・例

堅調

堅調」という言葉について解説します。

みなさんはこの堅調という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

なかなか日常生活の中では登場する機会は少ないかもしれませんが、昨今注目されている資産形成としての株や証券といった話題の中ではよく出てくる言葉です。

ですので、この言葉を身近に感じている方も少なくないかもしれません。

ということで、ここではそんな「堅調」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

堅調の意味とは

堅調とは

  1. 堅実な調子であること。手堅い様子。また、そのさま。
  2. 相場が徐々に上昇する傾向にあること。また、そのさま。
といった意味の言葉となっています。

1の意味で使われるときは「堅調な売り上げ」といった形で使われますが、日常生活の中よりもビジネスシーンで使われることが多いかもしれません。

2の意味は株式などの相場で使われます。大きくは上昇しないが、堅実に上昇している際に「堅調な銘柄」といった形で使われます。

ちなみに、2の相場で使われる際の堅調の対義語、下降気味で、下落基調になっていることを「軟調」と言います。

これら二つをセットで覚えておいてみてはいかがでしょうか。そうすると、株式や証券といった難しそうな話題がちょっとだけ身近になるかもしれませんよ。

 

>

堅調を使った文章・例

  • マイナス要素のない手堅い相場と言われていたが、本当に堅調な推移をみせるかどうかは分からない。
  • 車の生産台数は堅調に伸び続けている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ