「かりそめ」とは?意味や使い方を解説します!

「かりそめ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「かりそめ」について解説します。

目次

  1. かりそめ
  2. かりそめ(仮初め)の意味とは
  3. かりそめの使い方・例文

かりそめ

かりそめ」という言葉について解説します。

このかりそめという言葉を見て、みなさんはまず何をイメージしたでしょうか。

「かりそめ天国」というマツコデラックスと有吉のテレビ番組をイメージされた方、あなたは立派なテレビっ子です。

本来は「かりそめの恋」「かりそめの関係」といった形で使われますが、みなさん意味はご存知でしょうか。

日常の中でも使える言葉ですので、ここできちんと把握してみましょう。

ということで、ここではそんな「かりそめ」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

かりそめ(仮初め)の意味とは

>

かりそめ(漢字・仮初め)とは

  1. 一時的なこと。また、そのさま「かりそめの恋」
  2. ちょっとしたこと。ふとしたこと。また、そのさま「かりそめの病」
  3. いい加減なこと。また、そのさま「この恩をかりそめにしてはいけない」
といった意味の言葉となっています。

ちなみに「かりそめ天国」のかりそめの意味は、諸説あるが「ちょっとしたこと、ふとしたこと」の意味でつけられてると思われます。

普段の会話の中で使われる意味としては1の一時的なことという意味で使われることが多いのではないでしょうか。

それにしても「かりそめの恋」という言葉は、そこはかとなく雰囲気がある言葉ですよね。

かりそめの使い方・例文

  • 最初からそんな予感はあったが、彼女との恋愛はかりそめのまま終わりを迎えた。
  • かりそめの病かと思っていたが、思いもよらず長く付き合う羽目になってしまった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ