「寄り添う」とは?意味や類義語を解説!

「寄り添う」という言葉はみなさんご存知かと思います。寄り添うという動詞の意味について解説します。

目次

  1. 寄り添う
  2. 寄り添うの意味とは
  3. 寄り添うの類義語
  4. 寄り添うを使った文章・使い方

寄り添う

寄り添う(よりそう)」という言葉の意味について解説します。

心に悩みを抱えていたり苦しんでいる人に「心に寄り添う」と言ったりします。皆様はこの寄り添うという言葉の意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。
 

寄り添うの意味とは

寄り添うの意味は「ぴったりとそばに寄る」になります。

相手の気持ちをイメージしたり感じたりして、場の雰囲気から感じ取ったことを元に言葉を選んだり黙っていたり、状況に合わせた寄り添い方をする。

自分の感情を相手の気持ちと同化させるようにするようなことです。
いかに相手の気持ちを汲み取れるか、自分の心をいかに寄せていくことが出来るかで、寄り添う度合いが分かると思います。


 

寄り添うの類義語

「肩を寄せ合う」「労り合う」「庇い合う」「協力し合う」「スクラムを組む」
「助け合う」「結束する」「相互扶助する」「持ちつ持たれつ」
「連携し合う」「提携し合う」「協同し合う」「力を合わせる」
「団結する」「サポートする」「愛情を込める」「真心を込める」
「気持ちを込める」「相談に乗る」「黙って聞く」

<英語>
「snuggle up」「cuddle close together」
 

寄り添うを使った文章・使い方

<例文>

  1. 介護現場では、患者の心に寄り添う必要がある。
  2. 彼女はとても苦しんでいる。気持ちに寄り添うことで、徐々にではあるが苦しみが和らぐといいのですが。
  3. 心に寄り添うことの大切さを、身をもって知ることが出来た。
  4. 被災地の方々の苦難に寄り添い、皆様と協力しながら前へ進んでいきたいと思います。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ