「やっつけ仕事」の意味とは?意味や使い方を解説!

「やっつけ仕事」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「やっつけ仕事」について解説します。

目次

  1. やっつけ仕事
  2. やっつけ仕事の意味とは
  3. やっつけ仕事を使った文章・例

やっつけ仕事

皆さんは「やっつけ仕事」という言葉をご存知でしょうか。

おそらく、あまりいい印象を抱く言葉ではないでしょう。
周囲にそういう人がいて迷惑していたり、逆に自分がそうなりがちだったりしていませんか?

今回は「やっつけ仕事」という言葉について詳しく解説します。

やっつけ仕事の意味とは

>

やっつけ仕事とは「間に合わせのいい加減な仕事。」「急な用事に間に合わせるために急いでする、その場限りの仕事。」という意味です。

「やっつけ」単体でも、「こんな仕上がりではやっつけだ」などのように使います。

「やっつけ」は「やっつける」からきており、「する」や「やる」を強調して言う言葉ですが、時折「いい加減にやってしまう」という意味を含む場合があります。
「やっつけ仕事」の場合はまさにこの意味となります。
また「やっつける」という言葉には「相手を打ち負かす。ひどい目に合わせる。」という意味もあり、対象を下に見ている、早く片付けてしまいたい嫌なものとして扱っているという印象も付加されます。

類義語に「手抜き」や「ぞんざい」などがあります。
「手抜き」は「必要な工程や手続きを省くこと」という意味です。「やっつけ仕事」は「いい加減な仕事」なので、「工程は省かなかったが雑な作業だった」というものも含まれます。
「ぞんざい」は「取り扱いが乱暴で雑。丁寧でない。」という意味です。これは仕事に限らず、物の扱いや人との接し方などの様々な状況で使うことができます。

やっつけ仕事を使った文章・例

  1. 締め切りまで時間が無くて、ついやっつけ仕事で片づけてしまった。
  2. 同僚はいつも大量の案件を抱えていて、やっつけ仕事になりがちだった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ