「おあつらえ向き」とは?意味や使い方を解説します!

「おあつらえ向き」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「おあつらえ向き」について解説します。

目次

  1. おあつらえ向き
  2. おあつらえ向き(御誂え向き)の意味とは
  3. おあつらえ向きの使い方・例文

おあつらえ向き

おあつらえ向き」という言葉について解説します。

みなさんはこの「おあつらえ向き」という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

「初デートにおあつらえ向きの天気だ」といった使い方をしますが、

日常生活の中で頻繁に使う言葉ではないので、初めて見たという方も少なくないかもしれません。

また、ご存知の方の中にも、きちんとした意味は実は知らないという方もいらっしゃることでしょう。

ここではそんな「おあつらえ向き」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

おあつらえ向き(御誂え向き)の意味とは

>

おあつらえ向き(御誂え向き)とは「文どおりであること。希望どおりであること。また、そのさま」という意味の言葉となっています。

ある事柄に対して、要求通りに条件や様子があっていることを表す時に使う慣用表現です。漢字表記する場合は、御誂え向き、お誂え向きとなるので、併せて覚えてみてください。

この言葉は誂えからきており、誂えは服やドレスなど自分の好みや体形に合わせて注文して作ってもらうことです。そこから、オーダーメイドしたかのように条件や様子がピッタリ合うことを、おあつらえ向きというようになりました。

ちなみに、この言葉は嫌味を言う際にも使われることがあり「君におあつらえ向きの仕事だね」といった感じで使われるので、この点も注意して覚えてください。

おあつらえ向きの使い方・例文

  • 人と関わるのが苦手な私にとっては、在宅仕事はまさにおあつらえ向きの仕事だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ