「善意」の意味とは?意味や使い方を解説!

「善意」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「善意」について解説します。

目次

  1. 善意
  2. 善意の意味とは
  3. 善意を使った文章・例

善意

善意」という言葉について解説します。

「善意からの行動」「前向きな善意ある言葉」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも日常生活の中で見聞きしたことがあのではないでしょうか。

多くの人は「親切」「良心」といったイメージをこの言葉から受け取ると思いますが、善意の意味は何でしょうか?と聞かれてきちんと説明できる人は意外と多くないかもしれません。

ここでは、そんな「善意」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

法律用語としても出てくる言葉なので、ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

善意の意味とは

>

善意とは

  1. よい心。良心。
  2. 他人のためを思う親切心。好意。
  3. 好意的に、前向きに相手の言動などを捉えること。よい意味。
  4. 法律で、ある事情を知らないですること。私法上、原則として善意の行為は保護され、責任は軽減される。
といった意味の言葉となっています。

意味を見ると4つもあって、意外と多くの意味を持っていると感じるかもしれません。

1,2,3の意味は日常生活で使う際の善意イメージそのままだと思います。

意味を見ているだけでも気持ちが良くなる気がしますし、世の中善意に溢れるととても素晴らしいのではないだろうかと感じますよね。

ちなみに、4の意味の法律上の善意の対義語は「悪意」となるようです。

善意を使った文章・例

  • 善意の人々のおかげで、この町内の夏祭りは毎年開催ができている。
  • 善意からしてくれているのは分かるのだけれど、義実家から毎月大量の大根が送られてくるのにまいっている

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ