「快挙」とは?意味や使い方を解説します!

「快挙」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「快挙」について解説します。

目次

  1. 快挙
  2. 快挙の意味とは
  3. 快挙の使い方・例文

快挙

皆さんは「快挙」という言葉をご存知でしょうか。

「かいきょ」という読み方はお分かりでしょう。テレビや新聞などで目にする機会も多いと思われます。
しかし、具体的にどういう意味か説明できるでしょうか?

今回は「快挙」という言葉について詳しく解説します。

快挙の意味とは

>

快挙とは「胸のすっとするような、素晴らしい行為」という意味です。
読み方は「かいきょ」です。

何らかの素晴らしい行為を達成したことを「前例のない快挙」「歴史的快挙」などのように称えるといった使い方をすることが多いです。
具体的な用例としては、「勝利した」「大きな賞を受賞した」「困難に打ち勝った」などの結果となった行為を称賛するものとして使われます。
動詞と合わせて使う場合は「快挙を遂げる」「快挙を成し遂げる」「快挙を達成する」となります。

類語に「偉業」「美挙」「壮挙」「義挙」などがあります。
それぞれの意味は以下の通りです。
 

  • 「偉業」:優れた仕事。偉大な事業。
  • 「美挙」:立派な挙動。褒めるに値する考え。
  • 「壮挙」:立派で壮大なことをしようとする計画
  • 「義挙」:正義のために起こす行動

この中で、「偉業」は「快挙」と言い換えることができる場合があります。

快挙の使い方・例文

  1. 我が部が大会に挑んだ結果は、強豪校を破っての全国優勝という近年まれにみる快挙となった。
  2. 彼は史上最年少でのエベレスト登頂という歴史的快挙を達成した。
  3. その選手は、オリンピックという大舞台で、世界新記録達成の快挙を成し遂げた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ