「天寿を全うする」とは?意味や使い方を解説!

「天寿を全うする」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「天寿を全うする」について解説します。

目次

  1. 天寿を全うする
  2. 天寿を全うするの意味とは
  3. 天寿を全うするを使った文章・例文

天寿を全うする

天寿を全う」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「てんじゅをまっとうする。」となります。

この「天寿を全うする。」という言葉は少し難しい表現であるため、耳馴染みのない方も多いかもしれません。

よく「私の祖父は天寿を全うするように亡くなった。」や「天寿を全うすることが人生の最終目標だ。」といった使い方をします。

天から与えられた命を全うするや、十分に長生きして死ぬといった意味を持つ言葉です。

今回は、そんな「天寿を全うする。」について詳しく解説します。

この機会に「天寿を全うする。」について深く知っていきましょう。

天寿を全うするの意味とは

「天寿を全うする」という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「病気に罹ったり外傷を負ったりしたことによらず、自然死すること。」という意味になります。

これは、病気で亡くなったり、大きな外傷を負って亡くなったりすることなく、天から授かった寿命をすべて使うという意味が含まれています。

使い方としては「私の祖父は、天寿を全うするように静かに亡くなった。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目は「十分に長生きして死ぬこと。」という意味になります。

使い方としては「天寿を全うすることが人生の最終目標である。」といった表現が一般的です。

>

天寿を全うするを使った文章・例文

  1. 私の祖母は、天寿を全うするように苦しまず亡くなったので、悲しみと尊敬の念が入り混じったような気持ちになった。
  2. 彼のおじいさんはいつも口癖のように、天寿を全うするのが目標だと言っていたらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ