「定款」の意味とは?意味や使い方を解説!

「定款」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「定款」について解説します。

目次

  1. 定款
  2. 定款の意味とは
  3. 定款を使った文章・例

定款

定款」という言葉について解説します。

みなさんはこの「定款」という言葉を見聞きした事があるでしょうか。

普段の生活でこの言葉を見聞きすることはかなり少ないのではないかと思うのですが、仕事上関わっているという方にとっては身近かもしれません。

とはいえ、一般の方にとっては「なんかどっかで見たことあるかも?」くらいの印象ではないでしょうか。

中には読み方すらあやしいという方も多いかもしれません。

ということで、ここではそんな「定款」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

定款の意味とは

定款とは「公益法人・会社・協同組合などの社団法人の目的・組織・活動などに関する根本規則。また、それを記載した書面」という意味の言葉となっています。

1ミリも分からなかったのは私だけじゃないはず・・・

ざっくりと言ってしまうと、会社組織における憲法のようなもの。と言われていますが、会社にとって非常に重要なもの。と言えます。

ちなみに読み方は「ていかん」です。「款」を「かん」と読むというのは字面からは想像しにくいですよね。

この根本規則というのは、その字の通り、根本=そこから成り立っている一番大切なもと。という意味なので、成り立ちに関わる一番大切なルールとなります。

社団法人=ひらたく言ってしまえば会社ですので、会社における憲法というような言われ方をされています。

会社を起こす時は必ず作成しなければならないものですので、起業を考えられている方にとっては避けては通れないものとなります。

>

定款を使った文章・例

  • 定款を一から作るのは非常に難しいため、書籍などを参考にすることが多い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ