「避難」の意味とは?意味や使い方を解説!

「避難」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「避難」について解説します。

目次

  1. 避難
  2. 避難の意味とは
  3. 避難を使った文章・例

避難

皆さんは「避難」という言葉をご存知でしょうか。

地震や台風などの災害を避けることを指して使われることが多いですが、そう言った大規模な災難を対象にするだけの言葉ではありません。
自分に危害を加えてくる危険な人物から逃げたり、狂暴な害獣を避けたりといったことに対しても使います。

避難の意味とは

避難とは「災難を避けること。難を避けて他の場所へ逃げること。」という意味です。
読み方は「ひなん」です。

災害には種類ごとにマニュアルが確立されており、発生した際にはどのように避難すべきかという方法論がある程度周知されています。
たとえば、海が近い地域で地震が起こった場合は津波が発生する危険性があるため、できるだけ遠方かつ高い所へ避難する必要があります。
また山間で大雨が降った場合は土砂崩れが起こる可能性を考えて、可能な限り迅速な避難を促すアナウンスがされます。

一般的に、地域災害が起こった際の避難場所には小学校などの施設が指定されることが多いです。
学校は普段から大人数を収容することができる施設で、体育館などの広く丈夫な建物もあります。また給食室や家庭科室などの調理設備もあるため、炊き出しなども可能であるというメリットがあります。

自分の住んでいる地域の避難所がどこになっているのか、普段から確かめておくことが大切です。

>

避難を使った文章・例

  1. 台風による河川の増水が予想されるため、避難の準備をすることにした。
  2. ご近所とのトラブルが深刻になってしまったので、親戚の家に避難させてもらった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ