「隔たり」とは?意味や使い方を解説します!

「隔たり」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「隔たり」について解説します。

目次

  1. 隔たり
  2. 隔たりの意味とは
  3. 隔たりの類語
  4. 隔たりの使い方・例文

隔たり

隔たり」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「へだたり」となります。

漢字では「隔たり」とも「隔り」とも書きます。

この「隔たり」という言葉は汎用性が高く、ビジネスの場や日常会話でも使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

「へだたること。」や「へだたっている度合いや程度。」などの意味を持つ言葉です。

また、似た言葉に「偏り」があります。

今回は「偏り」についても解説するので、この機会に「隔たり」について詳しく知っていきましょう。

隔たりの意味とは

>

隔たりとは「へだたること。また、その程度や度合い。間隔。ひらき。相違。」という意味を持つ言葉です。

読み方は「へだたり」となります。

漢字では「隔たり」とも「隔り」とも書きます。

使い方としては「両者の主張には隔たりがある。」という表現が一般的です。

また、この「隔たり」と似た言葉に「偏り」があります。

偏りとは「一方に偏ること。偏光。」といった意味があります。
 

言葉は似ていますが、意味はまったく異なるため使用する際には気を付けましょう。

隔たりの類語

「隔たり」の類語には、以下のような言葉があります。

  • 差異
  • 距離
  • 不一致
  • 開き
  • 懸隔
  • 怪庭
  • 相違
  • 異なり
性質の違いや相違といった意味合いでの類語です。

隔たりの使い方・例文

  1. 彼と彼女の主張には大きな隔たりがある。
  2. 夫婦間には相当な隔たりがあるため、関係の修復には時間がかかりそうだ。
  3. 根本的な性格が違う二人の間に隔たりがあるのは仕方ない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ