「絶縁」の意味とは?意味や使い方を解説!

「絶縁」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「絶縁」について解説します。

目次

  1. 絶縁
  2. 絶縁の意味とは
  3. 絶縁を使った文章・例

絶縁

絶縁」という言葉について解説します。

みなさんはこの「絶縁」という言葉を一度は見聞きしたことがあると思います。

なかなか日常や現実で使うことはないと思いますが、ドラマや映画の中では「親と絶縁する」といった感じで登場することがあります。

他にも絶縁体といった形で電気系の単語としても使われますが、ここで紹介するのは人間関係における「絶縁」です。

実際に使うことはないに越したことはない言葉というイメージもありますが、ここではそんな「絶縁」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

絶縁の意味とは

絶縁とは「関係を断ち切ること。縁を切ること」という意味の言葉となります。

ということで、「親と絶縁する」といった場合は「親と関係を断ち切る」という意味になることが分かると思います。

親子関係では「勘当」という言葉もありますし、交友関係であれば「絶交」という言葉もありますが、それよりも強い意味合いを含んで使われているようです。

縁という言葉は、「関わり合い・つながり」という意味の言葉で、絶は「たえる・なくなる・こばむ」という意味を持っています。

つながりをなくする、たやす。=絶縁となります。

人と人の間、人間関係の中で生きるのが人間であるならば、人とのつながりを断ち切る、縁を切ることがないようにしたいものですね。

>

絶縁を使った文章・例

  • 絶縁を望むほど、昔から親との関係はうまくいっていないし、うまくいくとも思えない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ