「崇拝」の意味とは?意味や使い方を解説!

「崇拝」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「崇拝」について解説します。

目次

  1. 崇拝
  2. 崇拝の意味とは
  3. 崇拝を使った文章・例

崇拝

崇拝」という言葉について解説します。

「彼は社長を崇拝している」「神様を崇拝する」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも日常の中で見聞きしたことがあると思います。

崇拝。なんとなくイメージで意味は理解しているとは思いますが、崇拝とは何か?を言葉にしようとすると難しいかもしれません。

ここではそんな「崇拝」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

崇拝の意味とは

>

崇拝とは「心から傾倒し尊ぶこと。敬うこと」という意味の言葉となります。

なんだか、意味の中に出てくる説明にも説明が必要な気がしてくるので、一つ一つ紐解いてみます。

・傾倒=ある人や物事に夢中になること

・尊ぶ=尊いもの(崇高なもの・重んじるべきもの)としてあがめること

・敬う=上位のものとして礼を尽くすこと

それぞれこのような意味の言葉ですので、あらためて意味を整理すると、

崇拝とは「心から夢中になり礼を尽くしてあがめること」と言えそうです。

崇拝の対象は、人それぞれにあり、人や物だけに限りません。

ですが、心から夢中になり尊敬することが崇拝であるならば、人それぞれ、その時々に崇拝するものというのは何かしら持っているのかもしれませんね。

ちなみに、完全に余談ですが説明内に出てきた「尊い」ですが、現代では「萌え」を超える感情として使われることもあるようです。豆知識としてどうぞ。

崇拝を使った文章・例

  • 彼はあまりにも盲目的に社長を崇拝しているため、言いなり同然の状態だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ