「誤算」とは?意味や使い方を解説します!

「誤算」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「誤算」について解説します。

目次

  1. 誤算
  2. 誤算(ごさん)の意味とは
  3. 誤算の使い方・例文

誤算

誤算」という言葉について解説します。

「嬉しい誤算」「大誤算」といった使われ方をするこの言葉。

みなさんも日常生活の中で度々出会う言葉の一つなのではないでしょうか。

日々の生活も、人生も思い通りには進まずに誤算だらけ。なんて方も中にはいらっしゃるかもしれません。

かくいう私も、誤算だらけの人生ですが・・・

誤算という漢字のつくりからも、意味は想像ができそうですが、ここで一度おさらいしてみてはいかがでしょうか。

ということで、ここでは「誤算」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

誤算(ごさん)の意味とは

>

誤算(読み方・ごさん)とは

  1. 計算を間違えること。また、その計算。
  2. 推測や予想に誤りがあること。見込み違い。読み違い。
といった意味の言葉となっています。

ということで、「嬉しい誤算」といった場合は「嬉しい読み違い」となり、「大誤算」といった場合は「大きく予想を外すこと。大きく計算を間違えること」といった意味になることが分かるのではないでしょうか。

みなさんが日常の中で使う際は2の意味の「見込み違い・読み違い」という意味合いで使うことが多いかもしれません。

家庭の中、学校の中、会社の中など、どんな方でも社会生活を送る上で色々な誤算を経験していると言えそうですよね。

誤算の使い方・例文

  • コロナの影響で、会社の業績が倍以上になったのは嬉しい誤算と言えるかもしれないが、喜べない出来事でもある。
  • デートなんて1万円あれば足りるだろうと思っていたが、とんでもない大誤算だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ