「器が大きい」の意味とは?意味や使い方を解説!

「器が大きい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「器が大きい」について解説します。

目次

  1. 器が大きい
  2. 器が大きいの意味とは
  3. 器が大きいを使った文章・例

器が大きい

器が大きい(うつわがおおきい)」という言葉について解説します。

「人としての器が大きい」「器が大きい人になりたい」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

器といっても、お皿や入れ物が大きいという意味でないことはご存知だと思いますが、きちんとした意味はいかがでしょうか。

器が大きい人と言った場合、具体的にどのような人のこと?と聞かれると意外と答えに詰まってしまうかもしれません。

ということで、ここではそんな「器が大きい」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

器が大きいの意味とは

器が大きいとは「小さなことをいちいち気にしない人のこと。多少のことで怒ったり悲しんだりしない人の子こと。寛大。」といった意味の言葉となります。

ということで、器が大きい人と言った場合「小さなことを気にせずどっしりしている人」というような意味になることが分かるのではないでしょうか。

また、「器」という言葉は「人物や能力などの大きさ」という意味もあるので、器が大きいという言葉の意味には、人としての能力などが大きいという意味にもなります。

才能がある、能力があるというよりも、もっと広い意味での人間としての大きさ、寛大さのようなものを指して使うのが「器が大きい」という言葉と言えるのではないでしょうか。

>

器が大きいを使った文章・例

  • 伸び伸びとチャレンジできるできる今の環境は、小さなミスは気にしない器の大きい部長のおかげだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ