「フェードアウト」とは?意味や使い方を解説!

「フェードアウト」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フェードアウト」について解説します。

目次

  1. フェードアウト
  2. フェードアウト(fadeout)の意味とは
  3. フェードアウトを使った文章・例文

フェードアウト

フェードアウト」という言葉について解説します。

以前は若者言葉、現在ではカタカナ語として定着した感のあるこの「フェードアウト」という言葉。

見かけなくなった人に対して「いつの間にフェードアウトしていったの?」なんて使ったりしてるのを見聞きしたことはないでしょうか。

ここではそんなフェードアウトという言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

なんとなくの意味は知っているとは思いますが、ここで一度きちんと整理、把握してみてはいかがでしょうか。

ぜひ最後までご覧ください。

フェードアウト(fadeout)の意味とは

フェードアウト(fadeout)とは元は主に映像編集技術用語で「映像や音が徐々に消えること」という意味の言葉として使われていました。

そこから転じて、徐々に消えること=いつのまにかなくなる。ということで、日常で使われる場合では「気づかないうちにその場から居なくなること」といった意味で使われている言葉です。

どちらの意味も押さえておくと良いのではないでしょうか。

ちなみに、英語の意味はfade=弱まる、消えていく out=外になので、合わせて「次第に消える」となっています。

>

フェードアウトを使った文章・例文

  • 映像が消えていくフェードアウトに対して、映像が鮮明になっていくのはフェードインという。
  • ラストシーンがフェードアウトしていくことでより印象的になる。
  • 辞める連絡するのがめんどくさいからバイト先をフェードアウトしたい。
  • 彼は誰にも気づかれずに、うまいことブラック企業からフェードアウトした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ