「微笑ましい」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「微笑ましい」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?この記事では「微笑ましい」という言葉の意味や使い方、類語や例文などをわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 微笑ましい
  2. 微笑ましいの意味とは
  3. 微笑ましいの類語・英語
  4. 微笑ましいを使った文章・例文

微笑ましい

みなさんもう何度も「微笑ましい(ほほえましい)」という言葉を使ったことがあるかと思います。

家族や恋人など親しい人物、子ども、動物など、自分と全く関わりのない人や生き物に対しても「微笑ましい気持ち」になった経験は沢山あるかと思います。そんな「微笑ましい」という言葉を詳しく解説していきます。

微笑ましいの意味とは

微笑ましい(ほほえましい)とは、文字通り「思わず微笑んでしまうこと」を意味します。

可愛らしかったり、好ましく思ったりしたときなどに、ついつい口角が上がって微笑むようなことを指します。微かに笑う、と書きますが、満面の笑みになってしまうときにも用いられます。同様に、本当に微笑むことがなくても、そうした気持ちになったのであればこの言葉が当たります。

「ほほえましい」の他に「ほおえましい」とも読みます。

微笑ましいの類語・英語

類語には「ほのぼのする」などが挙げられます。見ているだけで心が癒されることをいいます。

また英語の「チャーミング(charming)」や「ハートウォーミング(heartwarming)」などのカタカナ語も類語の一つだといえます。チャーミングは魅力的で可愛らしいようすを、ハートウォーミングは心温まることをそれぞれ意味しています。

微笑ましいを使った文章・例文

  1. 子どもたちが無邪気に遊ぶ様子は見ていて微笑ましい。
  2. 普段は凛とした態度を崩さない彼女も、寝顔は幼く、とても微笑ましい。
  3. 結婚60年目を迎えても未だにおしどり夫婦の祖父母は本当に微笑ましく、見ているこっちまで幸せな気持ちになる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ