「万人受け」の意味とは?意味や使い方を解説!

「万人受け」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「万人受け」について解説します。

目次

  1. 万人受け
  2. 万人受けの意味とは
  3. 万人受けを使った文章・例

万人受け

皆さんは「万人受け」という言葉をご存知でしょうか。

今回は「万人受け」という言葉について、読み方や意味などを​​​​詳しく解説します。

万人受けの意味とは

>

万人受けとは「不特定多数の誰からも好評で親しみやすいという評価。またはそのように予想されるもの。」という意味です。
読み方は「ばんにんうけ」です。「まんにんうけ」は誤りなので注意が必要です。

動詞がつく場合は「万人受けする」となります。

漫画や映画など、エンタメ作品を指して言われることが多いです。
「万人受け」する作品というのは、それだけでファンの絶対数が多く、関連商品を購入してくれる可能性のある人も多いということです。
そのため、「万人受け」する作品を生み出すということは、ヒット作を生み出しビジネスを拡大することに繋がるのです。

しかし人の好みは本当に様々であり、誰かにとって「良い物」は別の誰かにとって「悪い物」となります。
そのため、本当にどんな人からも親しまれ高評価を受ける「万人受け」するものというのは、生み出すことができないのではないかと思われます。

不特定多数から支持されるのとは逆に、特定の嗜好を持った一部の人たちにターゲットを絞り、その層からの人気を狙ったものを作るという戦略も存在します。
ターゲットを絞ることでその層に受け入れられるポイントが分かりやすくなり、より緻密なビジネス展開をすることが可能になるのです。

万人受けを使った文章・例

  1. 彼の作品はとても面白いが、万人受けはしないだろうなと思う。
  2. 万人受けするものを生み出すのは、マニアックなものを作るより難しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ