「持ち前」とは?意味や使い方を解説!

「持ち前」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「持ち前」について解説します。

目次

  1. 持ち前
  2. 持ち前の意味とは
  3. 持ち前の類語
  4. 持ち前を使った文章・例文

持ち前

持ち前」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「もちまえ」となります。

この「持ち前」という言葉は、「その人が元々、生まれつきに持っている性質。」といった意味を持ちますが、皆さんはご存知でしょうか。

よく「持ち前の明るさ」や「持ち前の根性」といった使い方をします。

日常会話やビジネスの場でも自然と使用する言葉です。

今回は、そんな「持ち前」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

持ち前の意味とは

「持ち前」という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「その人が元々持っている性質。生まれつき。」という意味になります。

一般的には、この1つ目の意味で使用します。

使い方としては、「持ち前の明るさを持った女性。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目は「各自が所有している範囲。担当している役割、仕事などの範囲。持ち分。」という意味になります。
 

使い方としては、「持ち前の土地」や「持ち前の役割を果たす」といった表現が一般的です。

>

持ち前の類語

「持ち前」という言葉の主な類語は以下になります。

  • 生来の
  • 元来
  • 生まれつきの
  • 生まれながらの
  • 天性の
  • 生粋の
  • 根っから
  • 生得の

持ち前を使った文章・例文

  1. 彼女は、持ち前の明るさで落ち込んでいる友人を励ましていた。
  2. 彼は、持ち前のやる気と根性で過酷な仕事を乗り切った。
  3. 遠い親戚が私の持ち前の土地を譲ってほしいと言ってきた。
  4. 優しい彼は、私の持ち前の仕事をさりげなく手伝ってくれた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ