「耳が痛い」とは?意味や類語を解説!

「耳が痛い」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「耳が痛い」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 耳が痛い
  2. 耳が痛いとは
  3. 耳が痛いの使い方・例文

耳が痛い

この記事では「耳が痛い(みみがいたい)」について解説させていただきます。

みなさんは耳が痛いということわざを聞いたことはありますか?
ことわざは日常会話の中ではあまり頻繁には使わないため、聞いたことがない人も少なく無いかと思います。
しかし、ことわざほど状況に対して的確な表現が出来る言葉も他にはありません。

初めて聞いたという方や意味が曖昧な人はこの記事を参考にして理解を深めていきましょう。

耳が痛いとは

まず耳が痛いは「みみがいたい」と読みます。読み方は特別難しいわけではありませんので、間違えないようにしっかりと覚えましょう。

意味は「他人からの発言などが自分の弱点を射止めており、聞くのがつらい」となります。

直接的に耳が痛いわけではなく、話を聞き続けるのが辛いことから転じていることわざになります。

聞かせている内容については聞く側が聞いていて辛いという内容なのはもちろんですが、悪口などの様に相手が明らかに傷つく内容などではなく、あくまで相手の意見などを論破してしまうような内容や、正論によって図星をつくような発言のことを指すことが一般的です。

>

耳が痛いの類語

耳が痛いの類語としては
・図星
・グサッとくる
・聞きたくない
というようにメンタルに対して影響を与えるような言葉が挙げられます。

耳が痛いの使い方・例文

耳が痛いの例文についてご紹介させていただきます。

1.実家に帰ると両親からの結婚しろというセリフに耳が痛い。
2.後輩からの正論な指摘には耳が痛い。
3.耳が痛いことをしっかりと言ってもらえる方が有り難い。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ