「選りすぐり」とは?意味や読み方を解説!

「選りすぐり」という言葉をご存知でしょうか。読み方が複数あり、間違えている人がいるかもしれませんね。意味も聞いたことはあってもしっかりと理解していない人がいると思うので、この記事では「選りすぐり」の意味や読み方や使い方などについて解説します。

目次

  1. 選りすぐり
  2. 選りすぐりの意味とは
  3. 選りすぐりの読み方
  4. 選りすぐりの使い方・例文

選りすぐり

選りすぐり(えりすぐり・よりすぐり)」という言葉の意味について解説します。

「選りすぐり」はニュースなどテレビなどで聞く言葉かと思います。

日常的になあまり聞くことのない言葉ですが、しっかりと理解していますでしょうか。
この記事ではそんな「選りすぐり」について詳しく解説していきます。

選りすぐりの意味とは

選りすぐりは「選び抜かれたもの」という意味があります。
「良いものがあり、さらにその中から選び抜かれたもの」に対して使われることが多い言葉です。

選りすぐりの読み方

選りすぐりには「よりすぐり」と「えりすぐり」の2通りの読み方があります。
どちらの読み方が一般的なのか、なぜこのような読み方になったのか解説していきます。

「よりすぐり」と「えりすぐり」

どちらが正しいのか...結論から言うと「どちらも正しい」ようです。

選りすぐりは、選り取り見取り(よりどりみどり)などのように選る(よる)という漢字が読み方の由来になっています。
なので、本来は「よりすぐり」と言われていたそうです。

しかし、選ぶ(えらぶ)という言葉が一般的に使われるようになり、現代では「えりすぐり」と読む方がと言われるようになったそうです。

なので、読み方に違いはありますが、どちらも正しい読み方です。

選りすぐりの使い方・例文

  • 今日のパーティーの食材は、仕入れたなかでも選りすぐりの食材で調理したのでぜひご賞味ください。
  • 選りすぐりのエピソードを披露したのに、全く笑いが起きなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング