「凡人」とは?意味や使い方を解説!

「凡人」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「凡人」について解説します。

目次

  1. 凡人
  2. 凡人の意味とは
  3. 凡人を使った文章・例文

凡人

凡人」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

かなりポピュラーな言葉ですが、みなさんはこの言葉の意味をご存知でしょうか。人に向けて使うと失礼に当たるため、意味をしっかりと理解しておきたい言葉になります。

ここではそんな「凡人」について、意味や使い方などをご紹介していきます。
 

凡人の意味とは

凡人(ぼんじん)とは、「ありふれた平凡な人」や「突出した才能のない人」という意味になります。

優れた才能の持ち主や、偉業を成し遂げる人を「偉人(いじん)」や「才人」というのに対し、「凡人」は優れた素質も才能も見当たらない人物のことを広く指す言葉になります。

大きな欠点のない普通の人であることを指す場合もありますが、「才能がない」ことを意味する言葉のため、他人に向けて使うと失礼に当たります。

類語には「庸人(ようじん)」などが挙げられます。「庸」は平凡という意味の言葉になります。しかし、現代では平凡な人物であることを言い表す際は、ほとんどの場合が「凡人」が用いられます。

>

凡人を使った文章・例文

  1. 平凡さしか取り柄の無いありふれた凡人だからこそ感じられる、穏やかな幸せもある。
  2. 偉人の考えることは、自分たちのような凡人には分からない。というか、分かりたくもない。
  3. 凡人や庸人の集まりでは、大きなことを成し遂げることはできない。
  4. 周囲からおまえは凡人だからなと言われ続けた子どもが、見返してやりたい一心で努力を続け、見事に偉大な記録を打ち立てた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ