「付加価値」とは?意味や使い方を解説!

「付加価値」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「付加価値」について解説します。

目次

  1. 付加価値
  2. 付加価値の意味とは
  3. 付加価値を使った文章・例文

付加価値

付加価値(ふかかち)」はビジネスの現場などでよく耳にする言葉です。

最近では、ビジネス以外の場面でも「付加価値を付ける」といった表現でよく使う機会がありますね。

「付加価値」はよく使う言葉ですが、その意味や使い方を正しく理解している人は少ないかもしれません。使う機会が多いからこそしっかりと意味を理解しておきたいですね。

この記事では「付加価値」の意味や使い方、例文などを紹介します。

付加価値の意味とは

>

「付加価値」の読み方は「ふかかち」です。

「付加価値」の意味は2つあります。

一つめは「生産過程で企業などにより加えられた価値」です。多くの企業は材料を仕入れて、それを加工して自社の製品として販売していますが、その過程で独自の技術などを活用して価値を付け加えていきます。

その価値の分だけ値段も高くなりますね。生産額から原材料や燃料費などを引いたものが付加価値になり、利子、利潤などを合計したものになります。利潤などが大きければ大きいほど付加価値も大きいものと言えますね。

もう一つは「他のものにはない独自の価値」の意味です。こちらは、経済面の視点だけではなく人の能力など様々なものに使います。個性が重視される世の中になってきたので、人も「付加価値」がある人が評価されるようになってきたとも言えるかもしれませんね。

付加価値を使った文章・例文

  • 偉大なミュージシャンたちは、常に新しい試みによって付加価値を生み出してきた。
  • 今期の自社全体の利益が上がったのは付加価値を高めたからだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ