「僻地」とは?意味や使い方を解説します!

「僻地」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「僻地」について解説します。

目次

  1. 僻地
  2. 僻地の意味とは
  3. 僻地の使い方・例文

僻地

僻地(読み方:へきち)」という言葉について解説します。

「田舎で静かに過ごしたいとは思っていたが、流石に僻地すぎる。」「僻地の方が落ち着く。」などと使用するこの言葉。皆様は見聞きした事があるでしょうか?

この言葉は割と、オールマイティーな年代が使用しているイメージがありますがいかがですか?

全然知らない!、知ってるけど意味はいまいち・・・。なんて方も、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな僻地という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

僻地の意味とは

>

僻地(読み方:へきち)とは「都会から遠く離れている土地。へんぴな土地。秘境、辺境、山奥など、田舎の方からも敬遠されるような場所という意味も含まれる。 」という意味の言葉となっています。

どうでしょう?皆さん、この言葉の良いはご存知でしたでしょうか?

ご自分の地元を説明する際に、旅行先の案内をする際に、引っ越し先にの説明などに使用されることが多いです。

「地元はまじで僻地だから、招待したくない。」などと使用します。

遠く離れた僻地だからといって、最悪とは限りません。今後旅行をする機会があれば、たまには有名どころではなく、僻地にある隠れ家的な場所を探してみてはいかがでしょうか?

僻地と言っても、素敵な場所は沢山あります。たまに都会から離れて僻地の秘境に足を運んでみてはいかがでしょうか?

僻地の使い方・例文

・定番の観光スポットは避け、僻地を選んだのには理由がある。
・人事異動で遠く離れた僻地へ転勤になった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ