「マウントを取る」とは?意味や使い方を解説!

「マウントを取る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「マウントを取る」について解説します。

目次

  1. マウントを取る
  2. マウントを取るの意味とは
  3. マウントを取るを使った文章・例文

マウントを取る

マウントを取る」というネット用語について解説します。

みなさんはネットやSNSなどでこの「マウントを取る」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

「あの人すぐマウントを取ろうとするからねぇ」といった感じで使われる言葉ですが、意味や使い方を知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

この言葉は揶揄したりあまりいい意味で使わないことが多いので、どういう言葉なのか把握せず使ってしまうと無用なトラブルを招いてしまうかもしれません。

ということで、一度この言葉について整理してみるのはいかがでしょうか。

ぜひ最後までごらんいただき、きちんと整理してみてください。

マウントを取るの意味とは

マウントを取るとは「相手より優位に立つことを目的として、態度や言葉で上下関係をアピールすること」という意味のネット用語となっています。

マウントとは、相手に馬乗りになる、乗りかかる行為を指す言葉なので、馬乗りになるように優位に立つこと、優位になろうとすることを「マウントを取る」と言います。

平たく言うと、「あなたより私の方がこんなに凄い」と人間関係に上下をつけようとすること。といえそうです。

仕事、恋愛、学歴、持ち物、食べ物、などどんなことでも、このマウントを取るという行為はあるようです。

意味からも分かるように、そんなことをする人を好きな人はいませんので、当然良い意味では使われません。

 

>

マウントを取るを使った文章・例文

  • すぐになんでもかんでもマウントを取りたがる人はもしかしたら可哀そうな人なのかもしれない。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ