「パーペキ」とは?意味や使い方を解説します!

「パーペキ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「パーペキ」について解説します。

目次

  1. パーペキ
  2. パーペキの意味とは
  3. パーペキの使い方・例文

パーペキ

パーペキ」という言葉について解説します。

みなさんはこの「パーペキ」という言葉を見聞きした事があるでしょうか。

あるよ~。という方は昭和生まれの熟成した方々かもしれませんし、ないよ~。という方は平成・ミレニアム世代の若者かもしれません。

かく言う私も、親世代が使っていたなぁという印象です。

「よし、パーペキだ」「パーペキになった」といった使い方をするこの言葉を調べてみましょう。

ということで、ここではそんな「パーペキ」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

パーペキの意味とは

パーペキとは「パーフェクトと完璧を合わせた合成語で、意味は完璧と同じ」とされている言葉です。

今では死語とされていたりもしますが、その昔は言葉遊び感覚、ダジャレ感覚で使われていたようです。

こういった言葉の主な使用者はやはり おっさん 紳士の方々だったそうです。

現代で使われているのをあまり見かけませんが、一回りして新鮮。といった感じで受け入れられるかもしれません。

パーフェクト のパーと、完璧 のぺきを合わせて「パーペキ」。

新社会人の方が、昭和世代の上司に使うと、案外一目置かれるなんてこともあるかもしれませんね。 ないか。ありえないか。

>

パーペキの使い方・例文

  • 「いよっ!部長!ナイスショット!パーペキにグリーンにのってますよ!」
  • 「俺の作ったカレーを味見をしてみて。パーペキな仕上がりじゃない?」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ