「簡潔」とは?意味や使い方を解説!

みなさんは「簡潔」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?物事をシンプルにしているような事を意味するのか?また、どのような時に使われる表現なのか?この記事では「簡潔」という言葉の意味についてわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 簡潔
  2. 簡潔の意味とは
  3. 簡潔の類語
  4. 簡潔を使った文章・例文

簡潔

「ここは簡潔に説明してください」「難しいので簡潔にしましょう」とよく聞かれる言葉ですが、この表現はどの場面でも使用できる言葉なのでしょうか?

また、読み方は「かんけつ」でもいいのでしょうか?

それに、いあゆる簡単という表現と同じように使うことはできるのでしょうか?

意味を正確に理解していきましょう。

簡潔の意味とは

簡潔の意味ですが、「簡単に要領を得ている、あるいはスッキリと分かりやすく」といった意味合いがあります。

この表現は主に、「教えることや話すこと、または説明する時に使用される表現」です。

つまり、情報を相手に提供する場合に簡潔という表現を使用します。

しかし、「簡潔にする」を「簡潔に料理する」や「家は簡潔にできた」といった言い方はふさわしいとは言えません。

やはりこの場合には簡単にという物事をシンプルにする意味を持ち、多くの分野で適用できるこの言葉の方がふさわしいと言えます。

それゆえに「簡潔明瞭」という四字熟語はよく聞く表現ですが、主に説明や情報を伝える状況で使うと適切です。

また、読み方は「かんけつ」です。

 

簡潔の類語

簡潔の類語を幾つか調べておきましょう。

  1. シンプル
  2. 単純
  3. 論理的
  4. 単純明快
  5. 適格

簡潔を使った文章・例文

では、ここで「簡潔」という表現を使った例文を幾つか見てみましょう。

  1. 簡潔明瞭に教えるのが上手な先生
  2. ここは簡潔に説明するほうが、親切だと思います。
  3. どうして簡潔に伝えれないのか考えるべきです。
  4. ここは簡潔にして教えましょう。
  5. ここまで簡潔に情報を提供すると、分からないかもしれません。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ