「謙遜」とは?意味や使い方を解説!

「謙遜」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「謙遜」について解説します。

目次

  1. 謙遜
  2. 謙遜の意味とは
  3. 謙遜と謙虚の違い
  4. 謙遜を使った文章・例文

謙遜

「謙遜」という言葉について解説します。

日常生活でも「そんな謙遜なさらずに」「謙遜するとは珍しいね」というように度々耳にする言葉かと思います。

しかし、謙遜の正確な意味をちゃんと理解しているかと言えば、もしかするとそうではないかもしれません。

ここでは、謙遜の意味や使い方、また謙遜と謙虚の違いなどを紹介していきますので、ぜひ一度ごらんになって、きちんと意味を整理してみてください。

謙遜の意味とは

謙遜とは「へりくだること」「控え目な態度をとること、またそのさま」という意味の言葉です。

ちなみに、へりくだるとは、相手を敬い自分を控えめにするというような意味です。

ちなみに、似たような意味を持つ言葉に「卑下」という言葉があります。

しかし、この卑下という言葉は自分を控えめにする、へりくだるというよりも、自分を貶める・蔑むという意味を持つ言葉となりますので、誤用しないように注意しましょう。

謙遜と謙虚の違い

まず、「謙虚」の意味ですが、「自分の能力、地位におごらず素直な態度でいるさま」となります。

控え目、慎ましいというイメージは謙遜も謙虚も共通していますが、

謙遜には自分を下げて控え目にする意味があり、謙虚には自分を下げずにそのままで控え目にする意味があります。

謙虚だけれど、謙遜はしない。と言った場合、控え目で素直でいるけど、へりくだることはしない。となります。

謙遜を使った文章・例文

  • あの監督は謙遜するような人間ではない
  • 彼は一貫して謙遜な態度を崩さなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ