「浅薄」の意味とは?意味や使い方を解説!

「浅薄」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「浅薄」について解説します。

目次

  1. 浅薄
  2. 浅薄の意味とは
  3. 浅薄を使った文章・例

浅薄

浅薄」という言葉について解説します。

みなさんはこの浅薄という言葉を、見聞きしたことはあるでしょうか。

まず、この漢字を見たことがあるという方は多いと思いますが、読み方を間違えて覚えてしまっている方も少なくないようです。

この言葉は「せんぱく」と読みます。「あさはか」だと思っている方がいるかもしれませんが、浅はかの場合は「はか」はひらがなです。

浅薄と浅はかは別の言葉なので整理しましょう。

ということでここではそんな「浅薄」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

浅薄の意味とは

>

浅薄とは「思慮や知識が浅く薄っぺらなこと」という意味の言葉となっています。

日本語では浅い、薄っぺらいというのは、物事の程度が軽い・弱いことや、技量や態度が十分ではなく乏しい時などに使われる漢字です。

その二つを組み合わせている形ですので、意味は「思慮や知識が足りていない」という意味になっています。

なかなか耳の痛い言葉ではないでしょうか。

この言葉はかなり辛辣な意味を持っている言葉ですので、人に対して使う際は慎重に時と場所と相手を選んでください。

使い方を間違えると余計なトラブルの元となりかねませんので、注意しましょう。

浅薄を使った文章・例

  • あのコメンテーターの発言は、自分の考えの浅薄さを全国に宣伝しているのかと思えるほど中身がない。
  • 過去の失敗を思い返すと、自分がいかに浅薄な人間だったのかと思い知らされる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ