「所有欲」の意味とは?意味や使い方を解説!

「所有欲」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「所有欲」について解説します。

目次

  1. 所有欲
  2. 所有欲の意味とは
  3. 所有欲を使った文章・例

所有欲

皆さんは「所有欲」という言葉をご存知でしょうか。

何かが「欲しい」という誰もが持つ欲望ですが、行き過ぎれば大変なことになってしまうものです。
物だけでなく人に向けられ、大きな問題になることもありますね。

今回は「所有欲」という言葉について詳しく解説します。

所有欲の意味とは

>

所有欲とは「所有したい、自分の物にしたいという欲望」という意味です。

一般的に、金銭に対して使うことはありません。
お金が欲しいという気持ちは「金銭欲」であり、「所有欲」とは区別されています。
何かを手に入れたいのでそれを買うためにお金が欲しいという場合は、最終的な目標が基準となって「所有欲」と見なされます。

何かを「欲しい」と思う気持ちは誰にでもある当たり前の感情です。
しかし所有するのに大変な対価を払わねばならない物や、既に他人が所有している物などに「所有欲」が向けられるとトラブルの種になり、窃盗などの犯罪に発展することもあります。

「所有欲」が向けられる対象は物だけではなく、人に対しても向けられる可能性があります。
特に恋人や配偶者などを自分の物と見なして、思い通りにコントロールしようとする人は少なくありません。
そう言った人は嫉妬などを理由に人と会うことを禁じたり、外出を制限したりするなどして、過度な束縛によって相手を支配しようとします。
このような欲望は「独占欲」とも呼ばれます。

所有欲を使った文章・例

  1. 知人は所有欲に振り回されて身を滅ぼしたという。
  2. 友人との会話で、恋人に対してしたいことを挙げていたら、所有欲が行き過ぎないようにと釘を刺された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ