「異世界」とは?意味や使い方を解説!

「異世界」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「異世界」について解説します。

目次

  1. 異世界
  2. 異世界の意味とは
  3. 異世界を使った文章・例文

異世界

異世界」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「異世界」という言葉は、比喩表現で使われることが多いです。

よく「まるで異世界のようだ。」や「異世界にワープしたみたい。」といった表現をします。

また、異世界をテーマにしたアニメやライトノベルなどもあります。

ビジネスの場や日常会話では、あまり使われる言葉ではないので、詳しい意味までをご存知の方は意外と少ないかもしれません。

この機会に「異世界」という言葉について深く知っていきましょう。
 

異世界の意味とは

異世界とは、「この世界とは、違う世界。昔から創作物の中でしばしば扱われており、現代のサブカルチャーの中の1つのジャンル。」という意味になります。

私たちが暮らしているこの世界とは違う世界のことを指し、ライトノベルやアニメの中でも扱われることが多いジャンルです。

ライトノベルやアニメの中での異世界は、この世界とは違う常識や法則が存在し、非日常的な要素が多く、日本のおとぎ話がどこか、この世界の延長上というイメージであるのに対し、異世界は全く架空の世界というイメージが強いです。

この異世界というジャンルが登場したのは、大航海時代終幕以降と言われています。
 

1860年代以降のオズの魔法使いや不思議の国のアリス、青い鳥といった作品が、異世界のジャンルの物語が流行するきっかけになったと言われています。

>

異世界を使った文章・例文

  1. 友人から勧められたライトノベルは全く非日常的な内容で、異世界に迷い込んだような気持ちになった。
  2. 異世界もののアニメは全くの架空の物語なので、気楽に見られる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ