「連携(れんけい)」とは?意味や使い方を解説

「連携」という言葉の意味について解説します。「SNSの連携」「連携を密に取る」「野党も連携して」など一般的なサービスやニュース上で「連携」という言葉はよく目にします。この「連携」の言葉の意味や類義語・例文について改めて理解しておきましょう。

目次

  1. 連携
  2. 連携の意味とは?
  3. 連携の類義語
  4. 連携を使った例文・使い方

連携

みなさんは普段「連携」という言葉を使っていますでしょうか?

  • SNSでInstagramとFacebookを連携する
  • ゲームでの連携バトル!
  • 野党も連携して
など日常の会話では自然と出る言葉ではないですが、一般的なサービスやニュースではよく使われるワードとなっています。

改めてそんな「連携」の意味をしっかりと理解しておきましょう。

連携の意味とは?

連携の意味は、「複数人で連絡を密に取り合って目的のために物事をすること」になります。

ゲームでの「連携プレイ」を見てみても、自分とそれ以外のプレイヤーでコミュニケーションを取りながら一緒にゲームのクリアを目指してプレイしますよね。

連携の類義語

連携の類義語は

  • 協同
  • 協力
  • 団結
  • 提携
などとなります。

連携を使った例文・使い方

  • 白熱の連携プレイで熱くなれ!!
  • 連携しているアプリを解除する
  • 日米間一層の連携が重要である
  • この案件は連携を密にとって進めていこう

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ