「ご教示」とは?意味や使い方を解説!

「ご教示」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご教示」について解説します。

目次

  1. ご教示
  2. ご教示の意味とは
  3. ご教示の使い方・例文

ご教示

皆さんは、「ご教示(ごきょうじ)」という言葉をご存知でしょうか。
「ご教示ください」など、ビジネスシーン等で使われる言葉なので見聞きしたことのある方も多くいらっしゃると思います。
この記事では、「ご教示」の意味を解説させていただきます。

ご教示の意味とは

「ご教示(ごきょうじ)」とは、「教示」の敬語表現です。教示とは「知識や方法を教え、示す」という意味の言葉です。「きょうじ」という読み方をします。
ご教示は、「ご教示ください」などの形で主にビジネスシーンで使われています。目上の人に対し、何か教えてもらえるよう頼む際に使われる言葉です。
ご教示に似た言葉として「ご教授(ごきょうじゅ)」があります。ご教授もご教示と同じく「教授」という言葉の敬語表現で、こちらは「学問や技、芸を教え授ける」という意味があります。
教示の指す「知識や方法」と教授の指す「学問や技、芸」の境界ははっきりとしていませんが、物を尋ねる時には「ご教授ください」、指導を乞う時は「ご教示ください」という使い分けをするのが望ましいとされています。
教授と同じ読み方の言葉として「享受(きょうじゅ)」があります。享受とは、「何かを受け入れて自分のものにする」「受け入れて味わい、楽しむこと」という意味の言葉です。同じ読み方ですが教授と享受は全く違う言葉なので、注意が必要です。

>

ご教示の使い方・例文

ここで、「ご教示(ごきょうじ)」を使った例文をご紹介します。

1.資料の必要部数をご教示ください。
2.ご都合の良い日程をいくつかご教示願えますか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ