「よりを戻す」とは?意味や使い方を解説!

「よりを戻す」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「よりを戻す」について解説します。

目次

  1. よりを戻す
  2. よりを戻すの意味とは
  3. よりを戻すを使った文章・例文

よりを戻す

よりを戻す」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「よりを戻す」という言葉は、主に男女が復縁する際に使用されます。

漢字では「縒りを戻す」と書きます。

文字通り、縒り合っているものをほどくという意味もある言葉ですが、皆さんはご存知だったでしょうか。

男女の関係に限らず、広義では養子縁組関係や物理的に寄り合っているものをほどいてもとに戻すという意味もあるのです。

今回は、そんな「よりを戻す」について詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

よりを戻すの意味とは

よりを戻すという言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目の意味は「縒り合わせているものをほどく。ほどいてもとに戻す。」となります。

使い方としては「毛糸のよりを戻す。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目の意味は「物事をもとの状態にすること。特に、男女の仲をもとに戻すこと。」となります。

使い方としては「元嫁とよりを戻すことになった。」といった表現が一般的です。

一般的には、この2つ目の意味で使用されることが多いでしょう。

2つ目の意味と似た言葉には「復縁」があります。

復縁とは「離婚した夫婦や恋人関係を解消した男女、離縁した養子縁組といった関係を再びもとの関係へ戻すこと。」という意味を持つ言葉です。

>

よりを戻すを使った文章・例文

  1. 五年前に別れた彼女とよりを戻すことになった。
  2. 二度と会わないと誓っていた昔の彼とよりを戻すことになり、友人に報告すると嘲笑された。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ