「PR」の意味とは?意味や使い方を解説!

「PR」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「PR」について解説します。

目次

  1. PR
  2. PRの意味とは
  3. PRを使った文章・例

PR

皆さんは「PR」という言葉をご存知でしょうか。

宣伝とか広告を意味する言葉だろう、と考える方がほとんどでしょう。
では「PR」とは何の略かと聞かれれば「promotion」と答える方が多いかもしれません。
でも、実はこの回答は誤りなのです。

今回は「PR」という言葉について詳しく解説します。

PRの意味とは

PRとは「パブリック・リレーションズの略。公衆とのより良い関係づくり」という意味です。

現在では、「企業などが消費者に向けて商品やサービスの宣伝や広報をする活動」という意味のビジネス用語としての認識が強いです。
消費者に対して良い印象を与えることで利益の拡大を狙うのが「PR」の目的です。
消費者とはすなわち公衆であり、「公衆とより良い関係を作る」ことで自分の利益に繋げるというわけです。

「PR」とは自分たちの良い所を宣伝する行為ですが、その方法としては商品やサービスの長所をアピールするだけではありません。

近年よく採用されているのは、消費者の「感動」、特に「共感」を呼び起こすよう訴えかける手法です。
この手法を採用する目的は、消費者が「共感」するようなエピソードに自社の商品やサービスを織り交ぜることで、見る者に親しみや好感を持ってもらい顧客となってもらうことです。
SNSなどの普及によって漫画や動画による宣伝効果が上がっていることとも親和性が高く、「PR」に取り入れる企業が増えています。

>

PRを使った文章・例

  1. 新製品のPRのために、キャッチコピーのアイデアを募集することになった。
  2. 自社のPR方法について提案する広告ビジネスは、今後ますます需要を伸ばすだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ